OEM

【OEMスクール】スタートアップ動画③アウトプット

Pocket

これをマスターすればOEMは楽勝

OEM流れ

①市場があるマーケットを探す

②アマゾンで売れているか確認

③ライバルとの差別化施策

①市場があるマーケットを探す

雑誌はリサーチツールの一つ

儲かっている人が認知度を広めようとして活用するパターンが多い

お店もリサーチ対象

市場の見込み客が何をどう考えて買っているかを深堀る

②アマゾンで売れているか確認

Amazonの出品大学で売り上げ規模を確認

狙いたいキーワードを選定

③ライバルとの差別化施策

トップページをこだわる

アマゾンで検索したときに、目立たせるためにはしっかりこだわって作る

ここでクリックしてもらわないと、どんなにいい商品でも見てもらえない。

価格.comは口コミのボリュームが大量にある

それらのデータを分析して、一貫性を見つける。それが需要で差別化ポイント。

キャンプ用品使うなら、キャンプをとにかくキャンプする。

商材を決めたときアマゾンのレビューを見る。特に悪いレビュー

お客さんが不満な点がわかる

→改善ポイント、差別化ポイントになる

 

【成功した例】

商品に付加価値をつけて

専用のケースをつけて売ってみる

→付属品がどれがうれしいかはアンケートで調べる