OEM

【OEMスクール】価格差がある品を仕入れる前に考える大切なこと

Pocket

いきなり大量発注は怖い、売れるかどうか心配

そんなときのための商品を仕入れるときの判断基準のお話。

前提として

1ページ目2ページ目に来ないと厳しい

1ページ目の購買率は75%

購買意欲を高める商品ページを作らないといけない。

参入したくない時はこんな時

・強いライバルが多い

・カスタマーレビューが多い人が1ページの半分くらい埋まっている

例)
除毛クリーム
扇風機

どれくらい売れているかはランキングで確認できる。

ランキングごとの売れている個数確認の一つの指標↓

やること

①キーワード選定

②実際に検索して、ライバルの強さ確認

③利益でそうか確認